利用すべし!

私は、3~4年前からずっと「転職したい、転職したい」と思いながら、今の会社に勤めていました。
毎日のように、通勤電車では求人誌を眺めていたものです。
もう、何千件を超える求人を見ているのですが、ピンとくる求人情報にはなかなか出会えませんでした。
さすがに、このままではまずいし、今の仕事へのモチベーションも下がってしまうことを恐れた私は、転職サイトに登録してみることにしました。
すると、なんと今の年収をはるかに上回る求人を紹介してくれたのです。

情報は、70~80%くらいが非公開求人だと知った私は、今までなんて損な時間を過ごしていたのだろうと愕然としました。
人気求人や大手企業の求人情報は、ほとんどが非公開なんですね。だから、スマホや携帯で検索出来るような求人情報は、世の中にある求人情報のほんの一部だということです。
登録すれば、年収アップも可能になるし、直接人事担当者には聞きにくい福利厚生面や社風なども情報提供をしてくれます。

なので、自分に合わないなと思ったら断ることもできますし、自分が納得したうえで面接に臨むことが出来ます。

もし自分自身の力だけで転職活動を行う場合は、エントリーから面接の予約、そしてスケジュール調整などは全て自分からアクションを起こさなければなりません。企業の人事担当者と直接電話やメールでのやりとりでその企業の雰囲気を肌で感じることが出来る利点はありますが、大変な労力が必要となります。   有益な求人情報や的確なサポートを受けて転職を効率よく成功させるには、やはりプロの転職エージェントを利用して方が懸命でしょう。当サイトでは基本的な転職に関する知識やおすすめの転職エージェントなどを紹介していきます。あなたの転職が成功するための少しでもお役に立てれば何よりです。
出典:正社員求人サイト比較ランキング

事前に情報を聞いているので、今まで費やしていた無駄な面接の時間、履歴書を書く時間、交通費などの諸経費も節約できます。もっと早く登録しておけばよかったなというのが率直な思いです

Read More

転職前の勤務期間

以前は転職をするなら最低3年は一か所で働いてからにした方が良いと言われることが多かったです。
それくらい働いてからの転職なら、前職での経験がキャリアとして武器になるということなのでしょうね。

でも、最近は就職から1年足らずで転職する人も増えていますよね。職歴が短い人の転職の場合、きちんと転職先は見つかるものなのでしょうか。

昔と違って、今は短期間で転職する人が増えている為か、職歴が短くても転職先を見つけやすくなっているのが現実のようです。
最近は転職支援サービスも充実しているので、そういうのを利用すれば個人的に転職活動をするよりも気軽に転職ができるというメリットもあるみたいですね。

実際のところ、就職先で3年頑張ってしまうと転職の機会を逃す危険性も否定はできません。
ただでさえ正規雇用が難しいのが雇用状況の現実ですから、若さが武器になるうちに早めの転職活動をした方が転職しやすいという事情もあると言えそうです。

ただ、さすがに1か月程度勤務しただけで転職をする方というのは、やはり転職先企業にとっても信用ならない部分が出てきてしまいます。
最低でも半年以上の勤務を堪えてから転職に踏み切る方が印象は良いと思うので、早すぎる転職は控えるようにしましょうね。

Read More

今より良くなるなら転職

転職は、賭けのようなものと考えていますか?確かにそうかもしれません。
でも、もしも今の仕事がたまらなく嫌になってしまったり、スキルアップをしたくなったり、はたまた自分にもっと可能性を感じたりしたら、転職を考えましょう。

ただし、気を付けたいのはやみくもに今の仕事を辞めてしまうこと。
せめて次のステップの見込みをつけてからでないと、このご時世「こんなはずでは・・・」や「困った!!」って後悔することになります。

転職を決心したら、まずは求人情報をチェック、できれば今の自分にもっと必要なスキルを身につけることも考えましょう。
通信でも、夜間でも良いので勉強して資格を取るのも良いですね。資格は持っていて邪魔にはなりません。逆に助けになることの方が多いでしょう。

そして、次へ進める自信がついたら転職です。選ぶのは今よりも良くなる仕事・・・例えば、お給料は今より下がるけど、やりがいのありそうな仕事だったり、ズバリお給料がアップする仕事、自分で起業することもありでしょう。

「この仕事しかできない」から、「あの仕事もできる」という自信が持てれば、もし失敗した場合もダメージが少なく済み、また次へ進むことができるでしょう。

やり方によっては転職は、自分を磨く一番良い方法だと言えるでしょう。

Read More

双方向型の転職活動

転職に際しての活動というと、今までは転職を希望する人サイドの動向にウエイトが置かれていた傾向にありましたが、現在では転職してくる人を受け入れたいという企業側のサイドの方からも自発的な転職支援をするようになってきつつあります。このような状況の変化は非常に大きなことであり、双方向型の転職としてのシステムが確立する最大の契機となるのではないでしょうか。

仕事をする上で大事なことは、働く人と雇っている人の間で双方がマッチしているということを実感し、上手に仕事を回していく基礎を形成することです。転職では双方がマッチしない可能性も少なからずあるため、そのような懸念材料を一気に払拭してくれるこのような転職活動の動態は画期的ではないかと思います。様々な会社の話を聞きながら、対話型の転職活動をすることが将来の転職のスタイルの主流となっていくものとみられます。

Read More

転職の際に考えなければ行けないこと

転職を行うと一言で言っても、実際に転職を行うには入念な準備が必要です。
それがお小遣い稼ぎ程度のアルバイトで転職というのであればまだリスクも少ないかとは思われますが、これが生業としている職であれば尚更です。
転職先を探している間の生活費や交遊費、交通費などを賄わなければいけませんので、先立つお金が必要になります。
行き当たりばったりで転職をしようと考えてしまうと、そうした必要経費の準備ができずにバタついてしまったり、生活自体が余計に苦しくなってしまうこともあるのです。
そうしたリスクを避けるために、やはり計画性のある転職予定が必要です。

更には今の状態で果たして転職という選択肢が正しいのかどうかも含めて再度見つめなおさなければなりません。転職を考えてもそのタイミングで転職自体がふさわしくなかった場合、つまりは収入に対して余裕が無いにも関わらずすぐに職を手放してしまうような結果になっては本末転倒です。

このように、転職と言ってもとても準備が必要で厄介なものなのです。
当然人間関係などに苦慮したり、収入面でのトラブルが合ったりとその機会は人様々ですが、どのケースにおいても簡単に決断できるものではないということです。

Read More

転勤で転職を考える

転職したいなと考えています。
我が家はもしかしたらちょっとよそ様と事情が違って、珍しいパターンの暮らしかもしれません。

共稼ぎなのですが妻である、私の方が長期出張中で家を空けています。
子供がいないからこそのことなのですが、職種柄ある程度は男性と同じように仕事を受けなければなりません。

幸い主人もその両親も理解があり、気持ちよく送り出してもらって1年半。
東京と名古屋ですから週末、新幹線で自宅に戻る生活です。
仕事もやりがいがあり出来ることなら続けたいのですが、制度の見直しにより、長期出張というのは認められず転勤になるとのこと。

そこで問題になるのが金銭面。
今まで保証されていた手当類はほぼ出なくなり、トータルだとかなりの収入ダウンになります。
名古屋にある自宅の住宅ローンを返済中ですし、無理に今の生活を続けなくても、転職して地元で仕事を探そうかと思っているわけです。
離れてみると家族みんなで暮らせるのが一番な気がしますし、就活頑張ってみたいと思います。

Read More

誰かが見ている

「こんな会社、辞めてやる!」 
そう啖呵が切れるのは、若いうちだけ。
次から次、「若気の至り」で処理された転職も、年齢が重なるにつれ、難しくなる。
しかし、そういう時でも、道はある。

真面目に仕事をし、上司の理不尽な要求にも耐える姿は外部の人間がみている。
要は、転職に有効なポイントは、人脈。
それも、媚びを売る人間関係ではなく、自分を持っている人間。

こんな会社辞めてやるという人間は、なんとかしたい人間。
なんとか、立ち上がりたい人間。
負けてたまるか、という人間。
そういう人間が転職において、外部の人間の評価が高い。

転職において、もっとも大切なことは、人間関係。
その人物はみんな、みられている。
いくら、履歴書、経歴書をきちんと整えても、人物が主体。
その主体は本人にある。

転職において、決して、今の立場を悔やんではいけない。
ベストを尽くす人間は、誰かがじっと見ている。
それが、転職の成功パターンです。

Read More

自分を評価してくれたので転職をしました

私は小さい頃は貧しい家庭に育ってきたので、大人になったらお金に困ることのない生活をしたいと思っていました。
そしてお金に困ることのない生活をするためにはたくさんお金の稼げる仕事をすることが必要なので、私は仕事をする時に職場からもらえる給料の額にこだわりました。

そして仕事をして多くの給料をもらうためには、それなりの実力をつける必要があります。そのため私は仕事を一生懸命やって、また付加価値をつけるために仕事の休みの日も資格を取得したり、英語を学んだりして自分の能力向上につとめました。

そして自分の能力向上の効果が出たのか、ちょうど異業種交流会で知り合った会社の経営者にうちの会社に転職をしないかという話をもらいました。提示された給料の額は現在の勤務している会社の1.5倍でした。私は給料の額からも評価されていると思ったので転職をしました。

そして現在は高収入を得ることが出来てお金に困ることのない生活をすることができています。

Read More