双方向型の転職活動

転職に際しての活動というと、今までは転職を希望する人サイドの動向にウエイトが置かれていた傾向にありましたが、現在では転職してくる人を受け入れたいという企業側のサイドの方からも自発的な転職支援をするようになってきつつあります。このような状況の変化は非常に大きなことであり、双方向型の転職としてのシステムが確立する最大の契機となるのではないでしょうか。

仕事をする上で大事なことは、働く人と雇っている人の間で双方がマッチしているということを実感し、上手に仕事を回していく基礎を形成することです。転職では双方がマッチしない可能性も少なからずあるため、そのような懸念材料を一気に払拭してくれるこのような転職活動の動態は画期的ではないかと思います。様々な会社の話を聞きながら、対話型の転職活動をすることが将来の転職のスタイルの主流となっていくものとみられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>