転職前の勤務期間

以前は転職をするなら最低3年は一か所で働いてからにした方が良いと言われることが多かったです。
それくらい働いてからの転職なら、前職での経験がキャリアとして武器になるということなのでしょうね。

でも、最近は就職から1年足らずで転職する人も増えていますよね。職歴が短い人の転職の場合、きちんと転職先は見つかるものなのでしょうか。

昔と違って、今は短期間で転職する人が増えている為か、職歴が短くても転職先を見つけやすくなっているのが現実のようです。
最近は転職支援サービスも充実しているので、そういうのを利用すれば個人的に転職活動をするよりも気軽に転職ができるというメリットもあるみたいですね。

実際のところ、就職先で3年頑張ってしまうと転職の機会を逃す危険性も否定はできません。
ただでさえ正規雇用が難しいのが雇用状況の現実ですから、若さが武器になるうちに早めの転職活動をした方が転職しやすいという事情もあると言えそうです。

ただ、さすがに1か月程度勤務しただけで転職をする方というのは、やはり転職先企業にとっても信用ならない部分が出てきてしまいます。
最低でも半年以上の勤務を堪えてから転職に踏み切る方が印象は良いと思うので、早すぎる転職は控えるようにしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>